35yogaインストラクター養成講座

ヨガを伝えるプロになるYoga Teacher Training Course

私たちはママやベビーの心や身体について、
深い知識とスキルを持ち、
同じ女性として、指導者として
気持ちに寄り添えるヨガインストラクターを
養成いたします。

 · 

ママインストラクターの働き方①

子育てをしながらヨガインストラクターとして活躍している先生達の働き方について。
今回は「育児とレッスン(仕事)の時間」について書いてきます。

 

1日あたりの仕事量は?

まず、仕事する時間を考えると
①レッスン時間(1時間)
②会場への往復時間(30分×2)
③レッスンの準備・片付け(30分×2)
合わせて1レッスンあたり拘束時間は3時間くらいでしょうか。

例えば午前中のレッスンであれば
①9時30分に家を出発
②10時に会場へ到着。レッスン準備
③10時半~11時半までレッスン
④12時まで片付け
⑤12時半に帰宅

というスケジュールが一般的かな。
ですので保育園・幼稚園・小学校にお子さんが行かれてる場合も
朝送り届けてから仕事に行き、帰ってくるころには十分間に合います。

 

 

週にどれくらい働く?

そもそもヨガの先生って基本フリーランスなので
レッスンをいれるのもいれないのも自分でコントロールができるのがいいところ。
35yogaの先生たちでも「毎日ガッツリ!」で活躍されている方もいれば
お子さんが小さいので週1~2のペースという方もいます。
いわゆる会社勤めではないので
仕事の頻度も子育ても「好きな毎日」を自分で選択できる。
まさに子育て中のママにはぴったりの仕事だと思います。

 

Case1.  2歳の未就園児さんがいる先生の場合
月曜日:隣の区に住む義母にお子さんをお預け。午前中だけ1本レッスン。
火曜日:1日オフ
水曜日:1日オフ
木曜日:一時保育を利用して、午前と午後の計2本レッスン
金曜日:1日オフ

 

Case2.  幼稚園のお子さんがいる先生の場合
月曜日:1日オフ
火曜日:午前と午後の計2本レッスン
水曜日:1日オフ
木曜日:午前中のみレッスン1本。午後はお子さんの習い事の送迎
金曜日:月1のみ午前と午後の計2本レッスン。
※長期休みの時は、一時保育を利用したりお子さんを連れてレッスンへ

Case3.  小学生のお子さんがいる先生の場合

月曜日:午前と午後の計2本レッスン。15時には帰宅。

火曜日:午前はオフ、午後に2本。お子さんはトワイライトスクールへ。
水曜日:午前と午後の計2本レッスン。15時には帰宅。
木曜日:隔週で午前のみレッスン1本。午後はお子さんの習い事の送迎。
金曜日:1日オフ
※長期休みの時は、トワイライトスクールや祖母の家へ。

などなど、いろいろなケースがありますが
基本的には
「家族第一。ゆとりがある範囲でレッスンをする」というのが
子育て中のママさんの働き方としてはベストだと思っています。